make life hack

~今の自分にちょい足し~

年号が変更になるとIT屋が儲かるって本当かい?

f:id:tasakura13:20161016213851j:plain

職業PG(プログラマー)なtasakuraです
実はちょっとブログのイメージ変えました

タイトルの通り、年号が変わるとIT屋にどんな影響があるのかという話です
実際私自身もまだまだ新米ながらPGをやっており、この話を聞いただけでも仕事行きたくないのが本音ですよ

そもそも年号が変わるの?

以前より天皇の生前退位の報道が出ていたかと思います
実際天皇陛下も意向のようで、大嘗祭(要は天皇陛下から皇太子さまへ皇位継承に伴う儀礼)を平成30年11月に執り行う方針で検討に入ったとか
そのため、そういった可能性が出てきたということですね

 

なんでIT屋が儲かるの?

それはたまに和暦を使用しているシステムが存在するからです
もちろん全部のシステムがということではないのですが、そこまで貴重なほどということでもないのです
それで、それらシステムに新たな年号を増やさないといけないからIT屋が別料金で年号を増やすわけですね

 

どちらかといえばIT屋には嬉しくない?

もちろんIT屋として仕事が増えることは望ましいです
ただし!
年号が発表されるって変わるギリギリじゃないとわからなかった気がします
例えば年号が変わる前日に次の年号がわかったとしましょう
システムは毎日使うわけですから何か登録するときに新しい年号がないと整合性が取れなくなってしまいます
だから仕事は増えるけど、早急にやらないといけない仕事が大量に発生して辛い思いをするということなんです

 

さらに昭和→平成よりも辛い?

さらに昭和から平成に切り変わったときより大きな問題になります
何故なら昭和に比べて平成の方がパソコンの台数、システムの数が格段に多いからです
そのため、大量のシステムに年号を追加しなきゃいけないので途方もないですよね

 

まとめ

今回の年号が変わることに関してはまだまだ未定ですし、
新米PGの考えたことなのでもっと方法があるかもしれません
ただ、そういった可能性もあるのでPGの近くで「年号変わるうぇ~い」なんて
絶対にやめましょうね
それでは、今日はこのへんで