生活にちょい足しブログ

今の生活にちょい足しできるアイデアを紹介するブログ

今日から始めるギャル克服

f:id:tasakura13:20161019230708j:plain

心が癒やされたいです
どうもtasakuraです

本日はマンガ「はじめてのギャル」についてご紹介します

 

はじめてのギャル

角川より発売されています、植野メグル先生の「はじめてのギャル」というマンガです

 

はじめてのギャル (1) (カドカワコミックス・エース)

はじめてのギャル (1) (カドカワコミックス・エース)

 

 

ストーリー

DT(童貞)を捨てたいと悩む高校生・羽柴ジュンイチ。ある日、「ギャルに土下座で頼めば卒業できる」という迷信を聞いて、ダメ元でクラスのギャル・八女に土下座で告白した所…まさかの大成功!? 見事付き合うことになるのだが、ビッチなのに身持ちが固い八女さんに、非リアな羽柴は弄ばれる毎日…。果たして羽柴は「はじめて」から卒業できるのか!?

というように、ちょっと飛んだ話ではあります
1巻では、ギャル・八女さんがなんで付き合ったのかについては触れず、とにかく八女さんがかわいく、そしてエロく描かれています

キャラクター

メインで登場するのは主人公の羽柴ジュンイチとヒロインの八女さん、そしてジュンイチの友達3名というぐらいです
今のところ主要キャラは少なめですね
だからこそ八女さんの登場シーンが多く、惹かれてしまうわけです
それとジュンイチが結構バカなのですが、ここは賛否わかれそうですね

 

ギャル

私が高校生の頃は、身近にはギャルという程の娘はいなかったですね
だからこそ、別の学校やマンガに出てくるギャルという生体に対しては苦手というか恐怖心がありました
その結果、大人のビデオでもギャル系は守備範囲外で、むしろ遠ざけていました
しかし、このマンガの表紙を見たときにギャルながらも惹かれるところがあっって購入を決意したのです

変わり始めた自分

このマンガに出てくるギャルの八女さんは、かわいいながらもビッチ感なく、以外に主人公ジュンイチに対して一途なようにも見えます
ギャルだからこそのコミュ力の高さ、積極的な感じがとてもよく、私自身の中で「あれ?意外にギャルっていい?」というようにいつからか思い始めました
むしろ「こんな彼女もいいな」なんて思うほどに
つまりは自分の中で今まであった【ギャル】に対する固定概念が覆されたのでした

新しい自分に

このマンガを読み終わったいまでは、ギャルへの恐怖心はかなりなくなりました
というよりも、積極的にこっちから関わりたいぐらいによいものだと思っています
今ではそっち系のビデオもいけちゃいます

 

今日から始めるギャル克服

ぜひ、私みたいな学生時代は陰キャラでギャルに苦手意識を未だ持っているかたは読んでみてください
もちろん、男の願望が入りきった作品なのは重々承知です
それでも八女さんのかわいさにギャルを克服できるかもしれません

気になった方は近々2巻も出るのでよろしく